インストール方法

現在WEBフィルタサービスをご利用中のお客様へ

パソコンの買い替え等で、「Windows XP、Vista、7」から「Windows 8 / 8.1」のOSへ変更された場合や、「Windows 10」へアップグレードを行った場合は、以前までご利用いただいていた、インストール用ソフトウェアはご利用いただけません。

大変お手数ですが、お問合せ等からご連絡いただければ、Windows 10まで対応したインストール用ソフトウェアのダウンロードURLをメールにてご連絡いたします。

[詳しくはこちらをご覧ください。]

注意事項

  • インストールを実行する時は、管理者(Administrator)権限を持つアカウントでログオンしてください。
  • ウィルス検知ソフトなど、ログオン時に自動的に起動するアプリケーションはすべて終了してください。
  • 再起動が必要になりますので、作業中のアプリケーションなどは保存して終了させておいてください。
  1. ダウンロードしたファイル[Setup.exe]をダブルクリックします。
  2. セットアッププログラムが起動します。[次へ]ボタンをクリックします。
  3. 「使用許諾契約」画面が表示されます。 使用許諾契約の内容に同意しインストールを続行する場合は、[はい]ボタンをクリックします。
    wf2-02.gif

  4. ユーザ情報を入力する画面が表示されます。 ユーザ名、会社名、シリアル番号を入力後、[次へ]ボタンをクリックします。
    wf2-03.gif
    ※ユーザ名には、任意の文字列を入力することができます。インストールをした方がわかるような名前を入力してください。
    会社以外で使用する場合は、任意の文字列で使用する場所がわかるような名前を入力してください。
  5. 管理画面パスワードを入力する画面が表示されます。
    管理パスワードは、設定を変更する際に必要となります。
    半角6文字以上12文字以内で入力します。管理画面パスワードを入力後、[次へ]ボタンをクリックします。
    wf2-04.gif
  6. プロキシサーバ設定を入力する画面が表示されます。
    インターネット接続においてプロキシサーバへの接続が必要な場合は、ここで例にしたがってプロキシサーバのホスト名(FQDN)、またはIPアドレス、およびポート番号を入力し、[次へ]ボタンをクリックします。
    wf2-05.gif
    プロキシサーバを使用していない場合は、何も入力しないで[次へ]ボタンをクリックします。
  7. セットアップタイプを選択する画面が表示されます。
    パソコンが起動した直後からフィルタリングするか設定をします。
    パソコン起動時にフィルタリングを有効にする場合[有効にする]を選択します。
    パソコン起動時にフィルタリングを有効にしない場合は、[有効にしない]を選択します。
    いずれかを選択後、[次へ]ボタンをクリックします。
    wf2-06.gif
  8. インストールファイルのコピーが開始されます。
    wf2-07.gif
    ※インストールを中止する場合は、[キャンセル]ボタンをクリックします。
  9. インストールの完了画面が表示されます。
    InterSafe Personalのインストールを有効にするために、パソコンを再起動する必要があります。
    「はい、今すぐコンピュータを再起動します。」を選択し、[完了]ボタンをクリックします。
    wf2-08.gif
    インストールを終了します。
トップへ
close
menet