番組審議委員会

令和2年度第2回 放送番組審議委員会

開催日時:2021年2月22日(月)13:30~15:30

開催場所:嶺南ケーブルネットワーク 会議室
出席者:(敬称略、50音順)
委員長  堂田 英治(みなとつるが山車会館館長、元町区長)
委 員  中道 尚子(神楽町1丁目商店街べっぴん会)
     野田 栄一郎(敦賀市防災士会事務局長、敦賀市スポーツ推進協議会会長) 
     花木 喜美恵(敦賀西小学校元校長、民生委員児童委員)
     福谷 正人(敦賀市議会議会運営委員会委員長)
     三谷 成人(敦賀市PTA連合会会長)
     森越 優(敦賀市区長連合会副会長)
RCN  大岸 朝秀(代表取締役社長)
     田前 礼子(メディア戦略部部長)
     島田 督司(事務局)


議題:①令和2年度下半期の制作番組と主な取り組みについて
   ②番組視聴と意見交換
    「みねっとくんのねぇねぇこれなあに?」「敦賀空中散歩」「たのむわ島ちゃん」
   ③その他意見交換

審議内容:
【令和2年度下半期制作番組と取り組みについて】

  • Withコロナで、番組作りや企画に苦労しているのがよくわかった。そんな中でよく考えているなという印象。
  • こんな時代だからこそDXが大事。地元密着のケーブルテレビだからこそできることは多いし、大きい。地域と一緒にしっかり取り組んでいってほしい。
  • 吉継は最近あまり取り上げられていない。もっと吉継を取り上げてもらえれば。
  • コロナの今はまさに災害時。こういうところでRCNを活用したやり方が何かできるのではないか、メディアというのは重要だと思っている。
  • 「知られざる地区の宝物」やご自慢などを取り上げてほしい。

【番組視聴①「みねっとくんのねぇねぇこれなあに?:冬の中池見」】

  • なかなか内容の濃いことをやっているな、と感じた。
  • 紹介だけでなく、楽しみ方や遊び方などもあった方がいい。
  • 驚くと(みねっとくんが)ビックリした表情になったりするのがいい。視覚支援が必要な子どもたちがいるので、話を聞くよりも表情で「あぁ驚いたんだ」と画面にわかりやすく出ていると、低学年の子供たちも最後までずっと見ていられる。

【番組視聴②敦賀空中散歩】

  • 敦賀市民はわかるかもしれないが、他のところから来た人にはどこを映しているかわからないのでは?地区名だけでなく、ちょっとした説明があれば。
  • ナレーションを入れないのであれば、右下に地図を入れるとか、テロップを入れるなどがあればいいのではないか。
  • 情報の少なさは肯定的に取った。4K映像の圧倒的な力というのを感じたが、15分間流れているというと長いかなとは思う。

【番組視聴③たのむわ島ちゃん】

  • 仕事(ご依頼)は選んでいるのか?
  • 娯楽系の番組だとすると、フォントや効果音などが地味で真面目だと感じる。今の視聴者はYouTubeの派手な演出に慣れているので、面白く伝えるならもっとやってしまってもいい。その方が一般ウケするのでは?
  • (2つの依頼のうちの)東浦みかんの方は継承など切実な問題。島ちゃんが1回行って終わりではなく、島ちゃんに続く人を番組を通じて見つけて、伝えていければいいと思った。
  • 島ちゃん以外のレギュラーも入れたらどうかと思う。

【その他番組全般について】

  • つるいち!のことは知っていても、子どもの出るところだけ見る人は、コーナーなどは知らない。低学年の子どもがいる若い世代のお母さんたちに知ってもらうには、子どもからの発信でないとだめなのでは?
  • 福祉のことに光をあてた番組を作ってほしい
  • 敦賀はせっかく自然があるので、キャンプ番組があったらいいと思う。単に娯楽としてではなく、災害時に役に立つという視点からも考えてほしい。
  • 鉄道の番組があったらいい。鉄道影像が流れているだけで見ていられる。
  • 部活が中止になって子供たちがエネルギーをぶつけるところがないので、ギネスに挑戦とかチャレンジシュートなんかがあると面白いと思う。
  • 魚釣りを取り上げるなど、港をもっとアピールするべきだと思う。
トップへ
close
menet