番組審議委員会

平成30年度第1回 放送番組審議委員会

1. 開催日時・場所
  平成30年8月20日(月)午後2時~3時40分  RCN 3階会議室

2. 委員の委嘱
  平成30年3月31日までの2年間の任期で、学識経験者および市民各層代表の7名に、
  当社代表取締役社長・中島正人が番組審議委員会委員を委嘱

3. 出席委員(敬称略、50音順)
 井上武史(委員長・東洋大学 経済学部 総合政策学科 准教授)
 宇野精浩(福井県商工会議所青年部 相談役)
 川端祥子(敦賀商工会議所女性会 会長)
 滝波誠一(敦賀市区長連合会 副会長)
 林 恵子(NPO法人子育てサポートセンターきらきらくらぶ 理事長)
 米澤光治(敦賀市議会議会運営委員会 委員長)
 ※欠席委員 矢田 弘(敦賀市PTA連合会 会長)
 ※委員委嘱後、互選により井上武史氏を委員長に選出

4. 議事① 自主制作番組の視聴と意見交換

■敦賀港カッターレース2018 最終レース
 ・今回初めてドローンを利用したため映像を一部紹介。

■国体応援団 みんなでハピィ!(約15分)
 ・50年前の福井国体に関わった人々に、当時の思い出や国体への思いを伺うコーナーのうち、
  前回国体の主題歌を作曲した敦賀の作曲家が登場した回を紹介。

  議事② その他意見など

5. 審議概要(主な質問、指摘に対する見解など)

■国体応援団 みんなでハピィ! について

〇国体のテーマソングも「敦賀とてもすきすき」も同じ敦賀の人が作曲したことをこの番組で
 初めて知った。

〇小学生のころに鼓隊クラブで国体に関わったことを思い出し、国体への思いが深まった。

〇50年前のあの曲の作曲者が元気で市内にいらっしゃるということに感動した。

〇聖火や旗を持って走った人もいたと思うが、そんな人々の話も聞いてみたいと思った。

【RCN】 このほかにも、市立体育館や市営野球場が整備された当時の状況を、バレーボール協会や
     軟式野球連盟OBに語ってもらった。

〇とても面白い内容だった。他の人にも見てほしいので再放送があればいいと思う。
 つるいちは見ている人がたくさんいると思うが、他の番組はあまり知られていないようだ。
 もっとPRが必要では。

【RCN】 番組宣伝は随時行っているが、今後更に工夫していきたい。

〇ケーブルテレビ局が連携してで国体番組に取り組むという話を聞いたがどのようなものか。

【RCN】 福井県内のケーブルテレビ(福井、丹南、敦賀、美方、小浜)が連携して、
     国体の開会式・閉会式の生中継と、それぞれのエリアで行われる競技を取りまとめて
     放送する国体ニュース番組を放送する計画を進めている。

〇共同制作となると、敦賀にゆかりの選手を紹介する時間が短くなるかもしれない。
 国体ニュースと別枠でもいいので、できるだけたくさん敦賀の選手を紹介してほしい。

【RCN】 市外で行われる、敦賀の選手の活躍が期待できる競技にも取材申請は行っており、
     共同国体番組にとらわれずに取材したいと思っている。選手ばかりではなく、
     国体を支える人たちも取材する。

〇ドローンの映像は良かった。
 カッターレースの会場がこんなところにありますと、上空から場所を説明してもよかったのでは。

〇レースの状況を説明するのも有効だが、何よりも映像がきれいだった。
 空撮で景勝地を紹介する 番組があるが、ドローンで敦賀の街を紹介してほしい。
 今後の使い方が楽しみ。

【RCN】 撮影のための申請や許可が難しい面もあるが、これまでつるいちのオープニング映像など
     でも数回ドローン映像を取り入れており、今後さらに活用していきたい。

■その他

〇イベントのPRなどをしたいが窓口が判らない。

【RCN】 営利目的が強いものを除き、制作部で受け付けている。
     できるだけチャンネルガイドなどで周知していく。

〇アーカイブ番組の放送日は予告できないか。

【RCN】 チャンネルガイドのデザインが変更され、つるがチャンネルの日替わりページが
     なくなった ので以前より判りにくくなったが、つるがチャンネルの見開きページに
     放送日を掲載している

トップへ
close
menet